抗がん剤の副作用対策|大腸がんの治療にも使用される抗がん剤の副作用を軽減する方法

抗がん剤の副作用対策

ドクター

抗がん剤治療を行なうなら

抗がん剤治療を行なうのであれば、可能な限り免疫力を高めるようにしましょう。どうしても副作用によって免疫力が低下してしまうので、治療を行なう前や治療中の間で高めていけば副作用の軽減が望めます。

免疫力を高める

免疫力を高めるための製品や健康食品は数多くあります。これらの食品を利用しつつ、抗がん剤治療を行なえば副作用の吐き気、胸焼け、口内炎などをなくすことも可能になりますよ。

がん細胞に抵抗

免疫力がないとがん細胞が活性化しやすくなります。しかし、免疫力が高い状態であればがんの活動も鈍くなり、抗がん剤治療の効果を発揮しやすくなるといえるでしょう。

抗がん剤の種類まとめ

がん細胞を標的にする

分子標的薬は、がん細胞に対して効果を発揮する抗がん剤になります。一般細胞に影響を出しにくい特徴がありますが、使う分子標的薬によっては影響が出る可能性もあるので注意しておきましょう。

増殖・成長を阻害

代謝拮抗剤の役目は、がん細胞の成長や増殖を防ぐことです。進行の早いがんなどに使用されることが多く、また保存療法にも用いられる場合がある抗がん剤になっています。

自然の力を利用して

毒性の植物から抽出した成分を用いた抗がん剤に植物アルカイドがあります。成分によってがんに対する効果が変わってくるので、選択する成分を慎重に選ぶ必要があるのです。

副作用に注意

アルキル化剤はがん細胞のDNAに直接作用する抗がん剤です。そのため効果が期待出来る抗がん剤として利用されることが多いのですが、副作用で骨髄に影響をもたらす場合もあるので気をつけましょう。

広告募集中