抗がん剤の副作用軽減

病院

がんの治療法

がんの治療法で一般的な治療は、大きく分けて二種類あります。腫瘍やがん細胞を外科的手術で取り除く摘出手術と、点滴や錠剤を用いて治療する抗がん剤治療です。副作用を抜かりなく調べることも大事です。

摘出手術を行なう

がんは成長していきます。ある程度の大きさまで成長すると細胞が変化していき、他の細胞に転移することもあります。このような状態のがんはなるべく早めに摘出手術で取り除くほうがいいでしょう。

抗がん剤の副作用

抗がん剤の治療では、発見できない小さながん細胞や再発防止のために行なう治療になります。副作用の部分がネックとなっていた抗がん剤も、最近では副作用を軽減された新薬が開発されてきているので安心できるでしょう。

がんにまつわる重要な情報

看護師

大腸がんのステージ

一般的にがんと呼ばれる病気は成長していきます。その成長や病状をステージで分類することが出来ます。大腸がんも5つのステージに分かれていますので、そのステージ事の特徴を知っておくといいでしょう。

READ MORE
お腹を押さえる人

大腸がんの発見

大腸がんの発見にはいくつかの方法があります。自分で行なうセルフチェックも重要ですが、必ず専門家であるドクターに相談したり、定期検診を受けるようにしましょう。

READ MORE
ドクター

抗がん剤の副作用対策

抗がん剤の強い副作用に対抗する策を身につけておきましょう。また、副作用が少ない抗がん剤を利用するといった選択肢もいいですね。普段から癌に対抗できる体づくりをしておくのもオススメです。

READ MORE

副作用が軽減しながら抗がん剤を利用した方々の口コミ

以前抗がん剤治療を行なっていたのですが

過去に抗がん剤を利用してがん治療を行なっていたのですが、別の場所にがんが見つかり再治療になりました。しかし、副作用を軽減する方法を取ったので以前のような胸焼けや吐き気などは起きず、少し目眩が起きる程度の副作用でしたよ。

摘出手術に合わせて

大腸がんの摘出手術後に抗がん剤治療を行ないました。初めて抗がん剤を利用する身だったので、不安でいっぱいでしたが新薬による抗がん剤治療だったため副作用らしいものはなかったです。

漢方薬と併用して

抗がん剤の治療に漢方薬を併用することで、副作用の軽減が可能と言われ行いました。多少の気持ち悪さはありましたが、漢方薬を併用しなかった場合はもっと苦しかったかもしれないですね。

抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用は投薬を行なっている間しばらく続きます。しかし、一般的な強い吐き気などは投薬一週間以内で治まることが多いと言われているため、誤解しないように気をつけましょう。

広告募集中